的を射ている?

今日のTVは、昨夜のワールドカップサッカーの、対コロンビア戦勝利の話題で持ちきりだった。
とりたててサッカーファンというわけではないが、昨夜は中継を最後まで視ていた。
開始早々の、レッドカード一発退場の判定がラッキーだった。ハンドが故意だったかどうかの判定は、微妙だったような気がしないでもない。(TVのリプレイを改めて視ると、パッと両手を広げる動作をしているので、レッドカード判定は妥当かも。)

ところで、オリ機に一本化してから三脚嫌いに拍車がかかり、スローシャッターの場面でも滅多に三脚は使わなくなった。それだけ「手ぶれ補正機能」の性能が向上した、という証でもある。(プリントもA3ノビまでしかしないので)

上野公園にて。 SS1秒 手持ち撮影
b0140765_21472887.jpg




ネットサーフィンしていて、こんな画像を見つけた。
b0140765_21475258.jpg

お遊び的なものではあるが・・・・・
京都民については、以前読んだ「京都ぎらい」(井上章一著)を思い出し、何となく納得。
自分も(詳細は省くが)、一昨年、高台寺近くの「石塀小路」で実に嫌な体験をした。ほんの些細なことから、住人に執拗に口汚く罵られたのだ。
日頃から何か鬱積したものが溜まっていたのかもしれないが、それにしても度を超していた。

  by dabohaze48 | 2018-06-20 21:19

<< 夏至も過ぎ 高山辰雄展など >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE