健康診断

年に一度は健康診断を受けることにしている。
もうこの年齢になれば「異常なし」なんて望むべくもなく、今回もヒヤヒヤしながらの結果待ちとなった。
下手をすれば入院、手術なんてことになりかねない・・・・
それにしても、健診のたびに背が縮んで行く。10年前のデータと比較すれば、2cm以上低くなっている。地球の重力に逆らえず、まだ縮むのか?

何の関係もなく過去画。
b0140765_8239100.jpg


More

  # by dabohaze48 | 2017-10-17 17:16

断捨離19

ビニールハウス内のトマトの花に、小さな蝶が止まっていた。
一見、「ルリシジミ」と思ったのだが、調べてみると「ヤマトシジミ」のようだ。
それにしても、ネットは便利。短時間で調べ上げることができる。

ただ、便利とはいっても、使い方次第・・・・
先日、高校生が教師に暴力をふるう場面の動画がSNSで拡散された事件があったが、報道では匿名であったのにもかかわらず、すぐ生徒や家族の氏名、高校名などが特定され、ネットに晒されていた。怖ろしいことである。

ヤマトシジミ(オス)
b0140765_1129073.jpg

b0140765_1129341.jpg


ところで、断捨離シリーズ19は開光市(ひらきこういち)
b0140765_14494957.jpg
 開光市「奏でる」油彩 F8 1993年

開光市は1958年生まれの洋画家で、現在国画会会員。
したがって、↑の絵は35才頃制作されたものである。この当時は高校の美術教師の傍ら制作を続けており、連続して国画賞を受賞し国画会友に推挙されるなど、頭角を現しつつあった時期である。

作品を購入する場合、大別して2つのパターンがある。
作品そのものが気に入った場合と、作家の将来性に注目しその証し(支援)として購入する場合である。本作については後者であり、銀座の某画廊のグループ展で購入した。

国展以外で初めて彼の作品を見たのは、(記憶は定かでないが)1990年の銀座スルガ台画廊でのレスポワール展だったと思う。ダブルイメージをベースとした個性的な作風と、色遣いやマチエールに惹かれ、その将来性を信じ、以後注目して眺めている。

  # by dabohaze48 | 2017-10-13 11:01 | 断捨離

唐沢の滝(木曽)

木曽も、徐々に紅葉が始まりつつある。

唐沢の滝の上部は、ほんのりと色づき始め。
紅葉のピークに来たいのだが、なかなかタイミングが合わない。
b0140765_20311529.jpg


More

  # by dabohaze48 | 2017-10-09 20:24

庭先にて

今朝、庭先にて
b0140765_11175675.jpg


More

  # by dabohaze48 | 2017-10-07 11:16

乗鞍の紅葉

乗鞍の紅葉が、標高の高いところから低いところへと移ってきている。
b0140765_21225824.jpg


続きはこちら

  # by dabohaze48 | 2017-10-04 21:23

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE