探鳥会

青空が広がった昨日、某公園での探鳥会に出かけてきた。

3月に、鳥見用にと双眼鏡を購入した。
レトロ趣味(?)なので、主流のダハプリズム式でなくポロプリズム式にしたのだが、他にこの方式の双眼鏡を持っている人はいなかった。やはり、ちょっと嵩張るからか?

北アルプスの眺望も抜群。正面は常念岳(標高2,857m)。
b0140765_12222247.jpg


鳥は・・・
[PR]

  # by dabohaze48 | 2017-05-01 12:01

軽井沢へ

今日は、東御市経由で軽井沢へ。

現在、梅野記念絵画館では「伊津野雄二彫刻展」が開催中。
過去に某ギャラリーでの個展を2度観て、気になっていた作家である。
今まではギャラリーのみでの発表で、美術館での開催は初めてのようだ。
※参考  過去記事
b0140765_21494446.jpg
※画廊での個展時に、許可を得て撮影したもの

軽井沢大賀ホールでは、GW期間中に「春の音楽祭」が開催される。
2年前に初めて訪れたのだが、年中行事になりつつある。

今年は「宮田大チェロ・リサイタル」が目的。
ラフマニノフのチェロ・ソナタが目的だったのだが、やはりピアノが被りすぎて邪魔っぽい。(演奏ではなく、曲そのものの問題)
大賀ホールはお気に入りなのだが、軽井沢は遠すぎるのがネック。
[PR]

  # by dabohaze48 | 2017-04-29 21:20

断捨離18

かって絵画蒐集していた時は、主にまだ世に知られていない若手作家を蒐集対象としていた。
資金的に乏しく、勢いまだ無名の若手作家に目を向けるしかなかったのである。そして、目をつけた若手が才能開花させ、世に認められていくのを見るのが悦びだった。
しかし、多くの作家は伸び悩み、また、消えていった作家も少なくないのが現実である。
この作家も、そのうちの一人だろうか。
b0140765_18211015.jpg
     渡邊祐一 「星たちのつぶやき」 60号変形 1985年

この作品は、作家が武蔵野美大大学院在学中に描いたもので、春の院展(1986年)入選作である。
[PR]

  # by dabohaze48 | 2017-04-28 17:14 | 断捨離

隙あらば

忙しげに飛び交うツバメの数が増えてきた。
倉庫のシャッターを開け放しておいたら、番(?)のツバメが頻繁に出入り。
巣作りの場所探しか・・・
迂闊に開けっ放しにできない。
b0140765_2031285.jpg

b0140765_2032631.jpg

[PR]

  # by dabohaze48 | 2017-04-27 19:48

安曇野の桜Ⅱ

安曇野市三郷北小倉の枝垂れ桜。
ちょうど満開で、近年では一番見事だったように思う。
樹齢は、300年超の古木である。
b0140765_21121792.jpg


More
[PR]

  # by dabohaze48 | 2017-04-24 20:44

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE