あめ市

今日は、E-M1MarkⅡの試し撮りをかねてあめ市へ。
b0140765_21263414.jpg
E-M1MarkⅡ+ED 12-100mm F4.0 IS PRO


E-M1と比較すると、シャッター音が軽く小さくなったことや、連射時のEVFのブラックアウトがほぼOVF並になった点など、改良点は確かにあるが・・・・
個人的好みでいうと、バリアングル液晶よりチルト液晶の方が使いやすいし、AFターゲットの移動が十字キーというのがどうにも使いにくい。
まあ、多機能も含めて慣れていくしかない。
それにしても、ずぼら人間には12-100F4PROレンズは実に便利。

*続きはこちら*
[PR]

  # by dabohaze48 | 2017-01-08 20:37

謹賀新年

b0140765_15055282.jpg


[PR]

  # by dabohaze48 | 2017-01-01 15:10

2016年 美術展ベスト5

blogをすっかり放置状態にしているうちに、あっという間に大晦日。
今年も、見逃した展覧会がいくつもあった。
若冲展(東京都美術館)、鈴木其一展(サントリー美術館)、ダリ展(国立新美術館)、速水御舟展(山種美術館)・・・・・

恒例(?)の、今年観た美術展のベスト5。

1 村上隆の五百羅漢図展(森美術館)
  正直言って、村上隆はあまり好みの作家ではない。
  が、この展覧会と「村上隆のスーパーフラットコレクション展(横浜美術館)」には圧倒された。
b0140765_8423642.jpg


2 ボッティチェリ展(東京都美術館)
  今年は、日伊国交樹立150周年を記念した展覧会が開催されたが、本展もその一環である。
  「書物の聖母」、「東方三博士の礼拝」等々、何点も記憶に残る絵があった。「美しきシモネッタの肖像」については、見覚えのある絵だなと思ったら、丸紅(株)蔵で2度目の対面だった。
b0140765_932099.jpg
  

3 クラーナハ展(国立西洋美術館)
  今年はなぜか図録を買わなかったのだが、本展が唯一の例外。
  有名な「ヴィーナス」のサイズが思いのほか小さく、5Pほどだったのにちょっとびっくり。
b0140765_8583278.jpg

  
4 高島野十郎展(目黒区美術館)
  高島野十郎といえば「蝋燭」が有名なのだが、「煙草を手にした自画像」など自画像や肖像画の方に惹かれた。
b0140765_1543845.jpg
 
  「御苑の春」という絵があったが、以前、新宿御苑で(たぶん)同じ大木を撮っていた。
b0140765_1585043.jpg


5 始皇帝と兵馬俑展(東京国立博物館)
  かって、始皇帝陵の兵馬俑群を見に行こうと思っていたこともあるのだが、もう実現不能。
  今回、十数体とはいえ本物の兵馬俑と対面できてちょっぴり満足した。
 
b0140765_15441744.jpg
撮影可能だった複製  

More
[PR]

  # by dabohaze48 | 2016-12-31 08:20

PC復活

不調が続きとうとう昇天してしまったデスクトップPCが、ようやく復活した。
OS(Win7Pro)とケース、ブルーレイ、HDDのみ残し、他は総入れ替え。
core i7は2600kから6700へ、SSD240GB、HDD2TBを追加、メモリーも8Gから16Gへ増強した。
まだ最低限のソフトしか入れてないが、動きは軽快。ほとんどストレスを感じない。
とはいえ、完全復活にはもう少し時間がかかる。

ところで、先月ED 12-100mm F4.0 IS PROを購入した。
逆光に弱いとのレポートがあったので、敢えて逆光撮影してみた。
b0140765_22572719.jpg

特に問題なし・・・・
普段はこれ1本で用が足りそうだ。
[PR]

  # by dabohaze48 | 2016-12-20 22:29

霜月祭り

3年ぶりに木沢正八幡神社(飯田市南信濃)の霜月祭りに行ってきた。今回で5回目。
3時少し前に着いたのだが、すでに「湯立て」が始まっていた。
今年から開始時間を6時間早め、終了時間も午前0時半頃を目途にしたという。

とりあえず2枚ほど
b0140765_1481499.jpg
b0140765_1482960.jpg


More
[PR]

  # by dabohaze48 | 2016-12-11 14:04

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE