日向ぼっこ

昼過ぎのポカポカ陽気に誘われたか、カワセミが水路の縁で日向ぼっこ。

田舎の野鳥は、警戒心が強い。
しかし、このカワセミ君は例外か・・・
5m位まで近寄ることができた。
とはいえ、200mm相当では等倍トリミングしてもこんな程度。
b0140765_201740.jpg

[PR]

  # by dabohaze48 | 2017-02-21 19:47

高画素化は必要?

デジカメの高画素化が進み、普及機でも2千万画素越えが当たり前になってきている。
フルサイズの1/4しかないフォーサーズも例外でなく、E-M1MarkⅡも2037万画素とついに2千万画素越えとなった。
センサーばかりでなく、画像処理エンジンも長足の進歩を遂げているようだ。
それはともかくとして、画素ピッチを狭めず、ダイナミックレンジを広げた方がとも思うが・・・・


生来ずぼらな性格故、いつも撮った写真はそのままHDDに放り込んでお終いとなっている。
で、いつのまにやらHDDも5台に増殖。見直して選別すれば、おそらく2割も残るまい。

ところで、11年前に820万画素のEOS20Dで撮った写真だが、A3ノビでも余裕でプリントできるだろう。(3504×2336を2000×1333にリサイズ)
b0140765_22325654.jpg

[PR]

  # by dabohaze48 | 2017-02-20 22:22

断捨離17

今朝は、賑やかな鳥の鳴き声で目を覚ました。
普段何気なく見過ごしているが、注意してみるといろんな鳥が寄ってきているのに気づく。

しかし、田舎の鳥は警戒心が強く、近寄ることができない。鳥撮り機材は持っていないので、大幅トリミングの証拠写真。

エナガ
b0140765_19523721.jpg



ところで、断捨離17。
集めた当人には思い入れがある作品であっても、興味のない家族にとっては単なるお荷物。
なかなか思い切れないのだが、整理を始めつつある。

藤浪理恵子 「花粉」 銅版 イメージサイズ 62×43 1987年 
b0140765_19562745.jpg

経歴は記録していないので不明だが、かっては新進の作家として注目されていた。
結婚してアメリカに渡った・・・という記事を見た記憶があるが、定かでない。
技法には詳しくないので想像だが、ドライポイントにアクアチント、そしてカラー部分は手彩色か?

※ ネット検索して見つけた。現在はニューヨークを拠点に精力的に創作活動を続けており、日本ではこの画廊で作品発表しているようだ。近作も、なかなか魅力的に見える。

家の周囲の鳥たち
[PR]

  # by dabohaze48 | 2017-02-12 19:42 | 断捨離

断捨離16

なぜ、この絵を購入したんだろう? 後から首をかしげることが、稀にある。
この絵がそう・・・・

15年前に某オークションで手に入れたのだが、一度も飾ったことがない。
作者26歳の作品とのこと。
b0140765_21111749.jpg
不二本蒼生 「魔女の卵」 1973年 10P
[PR]

  # by dabohaze48 | 2017-02-08 21:01 | 断捨離

霊峰富士

ふと富士山を見たくなって出かけた。
今日は、雲一つない快晴。
b0140765_20132082.jpg

今年はやはり暖冬だろうか。湖面は結氷していると思っていたのだが、全くの期待はずれ。

*続きはこちら*
[PR]

  # by dabohaze48 | 2017-02-04 20:03

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE