見返り美人?

b0140765_20334632.jpg

安曇野への白鳥の飛来数は150羽前後で、日によって増減しているようだ。
諏訪湖への飛来のニュースはまだ聞こえてこない。

b0140765_20371718.jpg

題して「見返り美人」

鳥には、雌雄の個体差がハッキリしているものとそうでないものがある。
白鳥は後者である。
一般的に家族単位で行動するので、幼鳥は別としてどちらが父親でどちらが母親なのか、漠然と見分けがつくかもしれない。
よく雌の方がやや小柄で顔つきが優しいというのだが・・・観察眼のない私には判別は無理。
ましてや、単体では全く見分けがつけられない。


それにしても、もう明日から師走か・・・・・・・
[PR]

  # by dabohaze48 | 2008-11-30 20:57

里にも雪が

夕べ降り出した雨がミゾレ模様となり、朝起きたら家の前の田圃が雪で真っ白になっていた。
今年は厳冬予想というが、実際はどうだろうか?

少々の寒さは平気だが、凍結路だけは御勘弁願いたい。
遙か昔のことになるが、スリップ事故で救急車のお世話になったことがあり、それがトラウマとなっている。

ところで、今朝は、峠のあちこちの木々に雨氷が付いているのを見かけた。
ちょっと高ボッチの中腹まで足を延ばしてみたのだが、カラ松の霧氷がきれいだった。

3週間前、鮮やかな紅葉で楽しませてくれた木々も御覧のとおり。
b0140765_22432717.jpg

b0140765_22435370.jpg

[PR]

  # by dabohaze48 | 2008-11-25 22:56

生命力

以前、家に隣接した田圃の土手に柳の大木があった。
祖父が柳の杖を挿しておいたら根付いて、ついにはあんなに大きくなったのだと語り聞かせられていた。
真偽のほどは判らない。たぶんに眉唾ものか・・・・

家人が生け花を習っている。
一ヶ月ほど前になるが、使い終わった細く曲がりくねった枝をオアシス(生け花用のスポンジ)に挿しておいたら、最近芽吹いてきた。
柳の一種らしいが、強い生命力である。
ひょっとすると、祖父の件もあながち嘘ではないのかもしれない。

b0140765_18405468.jpg

[PR]

  # by dabohaze48 | 2008-11-23 18:41

白鳥情報

b0140765_2273787.jpg


用事を終えふと北アルプスの山並みを見ると、午前中はかかっていた雲が晴れ、白馬方面まですっきりと見通せるようになっていた。
当然、常念岳と有明山もクッキリ・・・・

急に思い立ち、3週間振りに防湿庫からカメラを引っ張り出し、白鳥に会いに出かけた。
高速道路を使えば、御宝田遊水池まで30分ほどで行くことができる。便利になったものだ。

今日現在、安曇野への飛来数は159羽。
御宝田遊水池へ102羽、犀川ダム湖に47羽である。あと10羽は?

b0140765_2221723.jpg


御宝田遊水池を寝ぐらにしている白鳥は、日中はほとんどが穂高の水田に遊びに行っている。
その帰ってくる姿をカメラに納めようと出かけたのだが、御宝田にたどり着いた午後3時頃には皆御帰還後・・・残念。

b0140765_22293921.jpg


b0140765_22303878.jpg


夕方4時近くに餌やりをするのだが、これがまた騒乱の場と化する。
カモの勢いに押され、呆然(?)とする白鳥・・・・
b0140765_22381267.jpg


白鳥が陸に上がることは滅多にないが、カモは我がもの顔で跋扈している。
b0140765_22441882.jpg


次回行くのは、12月半ば頃か.
[PR]

  # by dabohaze48 | 2008-11-22 22:45

simple is the best

b0140765_21193559.jpg


写真とは全く関係のない話なのだが、我が家に年代物の台所器具がある。

それは、「ガス炊飯器」
いつから使っているのか記憶は定かではない。
家内に聞いたら、「私が来た時(嫁に来たとき)にはもう使い込まれた状況だったよ」
とすれば、もう30年以上使っているに違いない。
自動点火装置が壊れてはいるが、それ以外は何ともない。
単純構造過ぎて壊れようがないのだ。

つまりは、「simple is the best」・・・・ということか。
[PR]

  # by dabohaze48 | 2008-11-21 21:33

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE