<   2016年 09月 ( 19 )   > この月の画像一覧

 

10年前の今日

10年前の今日は何をしていたのだろうか?

夜明け前から、八千穂高原白駒池のほとりで三脚を立てていた。
朝焼け狙いだったのだが・・・・
b0140765_1910241.jpg

白駒池は、標高2100mの高地にあり、紅葉、特にドウダンの紅葉で有名である。
池の周囲には、原生林が広がっている。
b0140765_19174820.jpg

苔むした木に、キノコが生えていた。
b0140765_19194848.jpg
2006.9.30 EOS-30D

今年もドウダンの紅葉が始まったようだ。ピークは来週との情報。
一時期は、春、秋と通っていたが、もう何年も行っていない。

  by dabohaze48 | 2016-09-30 18:52

朝焼け

昔からの言い伝えは、馬鹿に出来ない。
長い間の経験に裏打ちされたものだからだ。

昨日、見事な朝焼けが見られた。
写真を撮ろうと部屋に戻り、カメラをセットしているほんの僅かな間に、スッと薄くなり消え去った。
ということで、この体たらく。
b0140765_632561.jpg

朝焼けは、雨降りの前兆との言い伝え。まさに的中!
とはいえ、もう雨にはウンザリ。

ところで、先日乗鞍高原に行った際、アケボノソウがもう咲いているはずと探し回ったのだが、蕾しか見あたらなかった。
過去画を調べてみると、9月中旬に撮った写真が出てきた。
今年は、全般的に花の咲く時期が早くなっている気がしていたが、単なる思い込みだろうか。
b0140765_6405374.jpg

  by dabohaze48 | 2016-09-29 06:28

乗鞍寸描

久しぶりに青空が覗いたので、乗鞍高原へ。
目的の半分は、お気に入りの温泉に浸かること。

紅葉にはまだ早いが、赤く色づき始めたウルシも。
b0140765_20353019.jpg

雲が多かったが、乗鞍岳も望むことができた。
b0140765_20364770.jpg
b0140765_2037345.jpg

草紅葉が進んでいる。
b0140765_20373754.jpg

まいめ池では、いろんなトンボが飛び交い、産卵中。
b0140765_2039879.jpg
b0140765_203921100.jpg

一の瀬園地周辺の紅葉のピークは、2週間後くらいだろうか。

  by dabohaze48 | 2016-09-25 20:32

物欲沸々と

現在、デジカメは5DMarkⅢとE-M1の2台を使い分けている。人物系の時は5DMarkⅢが主体で、それ以外はE-M1といった具合である。出番からすると、2:8位だろうか。
本当はマウントをひとつに絞りたいのだが、一長一短があり絞れないでいる。
フルサイズ機は画質とボケ味、高感度耐性に分があり、μフォーサーズ機は小型軽量、そして強力な手振れ補正機能に優れもののED-PROレンズ。

標準ズームで「ボケ」の比較をしてみた。
広角端(24mm相当) ISO200 F2.8開放
5DMarkⅢ+EF24-70mm F2.8L
b0140765_9535896.jpg

E-M1+ED 12-40mm F2.8 PRO
b0140765_956872.jpg

望遠端(70mm相当) ISO200 F2.8開放
5DMarkⅢ+EF24-70mm F2.8L
b0140765_9574830.jpg

E-M1+ED 12-40mm F2.8 PRO
b0140765_9583814.jpg

同じF2.8でも、被写界深度がこれだけ違う。

5DMarkⅢの後継機5DMarkⅣはすでに発売され、E-M1の後継機E-M1MarkⅡは年内に発売予定となっている。

例によって物欲沸々と・・・
とはいえ、もう断捨離を進める身、自ずから結論が出ているようなものである。
と言いつつ、オンラインストアでED 12-100mm F4.0 IS PROを仮予約済み・・・・

  by dabohaze48 | 2016-09-24 08:48

人間の眼ってすごい!

ローカル紙を見ていて、ある記事に目がとまった。

「碌山美術館が傾いている」との書き出しに、「もう建てられて60年近いからな~」と短絡的に思ったのだが、読み進めてみて勘違いだったことに気がついた。

「傾いた」原因は読んで理解してもらうとして、展示されているブロンズ彫刻の内の1体が、一番最初に鋳造されたものから近年鋳造されたものに入れ替えられた、と見抜く人がいるとは驚きである。細部が失われているとしても、僅かなものだと思うのだが・・・
人間の眼というのは、実に繊細かつ鋭敏に出来ているようだ。
b0140765_2052165.jpg
【9/22付け 市民タイムス】

因みに「抗夫」は、こんな作品

  by dabohaze48 | 2016-09-23 20:15

もううんざり

連日雨が降り続き、どこにも出かけられない。
ちょうど県南の某所で彼岸花が見頃になっているはずだが、明日も雨の予報。

今日は秋分の日なので、彼岸花の過去画像を
b0140765_19465445.jpg
2007.9.25 EOS20D

More

  by dabohaze48 | 2016-09-22 19:39

おわら風の盆2016 ラスト

駐車場でしばし仮眠を取り、汗を流すためちょっと離れたところにある温泉まで足を延ばした。
やはり、温泉は気持ちが良い。
さっぱりしたところで「さてお昼でも」と車に乗ったはいいが、無意識に安房トンネルを目指していた・・・
ということで、今年も最終日「夜明けのおわら」は果たせなかった。
b0140765_1953345.jpg


ところで、今年もほぼ時系列でだらだらと写真を掲載してしまったが、それも今年限りにしようと思う。
自分で眺め返しても冗長で、備忘録としても数分の一あれば十分である。
で、来年はカメラは持たず、おわらを楽しむことにしようか。(そんなことできっこない008.gif
b0140765_1912579.jpg


ブラブラ歩いていて目についた「おわら人形」。紙粘土で形作りして、縮緬で仕上げているという。撮影許可をお願いしたら、女性店主「どうぞ、どうぞ」。
b0140765_19465510.jpg

人形といえば、上新町のギャラリーで、毎年おわら期間中だけ二人展をしている作家さんの作品を見損じた。
いつか1体譲っていただきたいと思っているのだが、容易に手を出せる価格でなく・・・
b0140765_19551150.jpg


今年も不完全燃焼ではあったが、「おわら」を楽しませてもらった。「おわら」の魔力に取り憑かれた身としては、来年も行かずばなるまい。

~八尾おわらを しみじみ聞けば むかし山風 オワラ 草の声~

  by dabohaze48 | 2016-09-19 18:52

おわら風の盆2016 深夜編(天満町)

鏡町グループと別れた後、若林美智子さん、西新町、上新町のグループの後についてしばし夜流しを楽しんだ。

期待していた西町には人影がなく、天満町に着いたのは2時半頃。
ちょうど夜流しが向かってきた。
b0140765_8533956.jpg

b0140765_853559.jpg

眼鏡橋で折り返してくるものと思い、やり過ごしたのだが・・・・戻って来ず。

天満宮でしばし休んでいると、2人の踊り子が道に出て踊り出した。
b0140765_8572122.jpg

次々踊り子が出てきて自然と隊列を・・・
三味線や胡弓の伴奏もなく、見物客もほとんどいない。
b0140765_8584234.jpg

練習かと思ったのだが、自然と笑みがこぼれ、おわらを楽しんでいるようだった。
b0140765_91934.jpg

b0140765_924672.jpg

すると、天満宮正面の路地から、地方の演奏が聞こえてきた。
b0140765_955594.jpg

ちょうど、踊り子が夜流しの一行を迎えるような形に。
b0140765_96989.jpg

その後動きはなく、地方さんが三々五々帰宅し始めたので、今夜はこれまでと駐車場に向かった。
この時点では、最終日もおわらを楽しむつもりでいた。
b0140765_9111044.jpg


<続く>

  by dabohaze48 | 2016-09-19 08:30

おわら風の盆2016 深夜編

今年は、3日間で約24万人が訪れたという。
私の行った2日目の人出は、思っていたほど多くはなかった。
例年のごとく、支部の公式行事が終わる頃には多くの団体客が帰り、だいぶ静けさを取り戻していた。

午前零時過ぎ、曳山展示館前から夜流しを始めようとするグループ。
b0140765_1426482.jpg

祖母と孫だろうか。優しく声を掛けながら踊る姿は、ほほえましいかった。
b0140765_1433031.jpg

20人くらいの大きなグループだった。中には見慣れた顔が数人。
b0140765_14374053.jpg

このグループを見送った後、合同の坂方面に向かうと、若林美智子さんのグループが上ってきた。
b0140765_1440229.jpg
b0140765_1441753.jpg

後から鏡町のグループが続いてきたので、待ち受けた。
b0140765_14445197.jpg

b0140765_1446969.jpg

かっての青年団のリーダーも、すっかり地方姿が板に付いてきた。
b0140765_14475131.jpg

ここでカメラはしまい、後を付いていくことにした。
闇に近い暗さの中で、三味線と胡弓の音色だけが響く。まさに幽玄の世界。
b0140765_14503081.jpg

曳山展示館手前で1枚撮って、鏡町グループから離れた。

<続く>

  by dabohaze48 | 2016-09-18 14:03

開田高原をドライブ

今日は「おわら」は一服。

この3連休で、今日以外は天候が怪しいということで、木曽路へドライブに。
御嶽山とコスモスが目的だったのだが・・・・
b0140765_18313442.jpg

御嶽山は雲の中。コスモスもほとんど見あたらない。以前は道路沿いにコスモスが咲き乱れていた記憶があるが、記憶違いだったのかも??
それにしても、開田高原でもやはり遊休農地が目に付く。

蕎麦の花もすでに終わり、収穫を待つばかりになっている。
で、木曽馬の里へ。
b0140765_18341746.jpg

放牧場で一心不乱に草を食んでいる木曽馬たち。仔馬は、おっぱいにむしゃぶりついている。
b0140765_18543815.jpg

可愛いお嬢さんが、乗馬用の馬のトレーニング中(?)
b0140765_18375119.jpg

野菜の直売所では「子供たち」が揃って歓迎。
b0140765_18414999.jpg

これはルドベキアか。
b0140765_1844920.jpg


そして

  by dabohaze48 | 2016-09-17 18:47

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE