信じたくない

衝撃的なニュースが飛び込んできた。

画像からすると、操縦不能の状態で、高所から姿勢を崩して墜落したように思える。



本県は山岳県で、毎年山岳遭難事故が多発している。
その救助活動を担っているのが、県警ヘリと防災ヘリである。
ドクヘリ導入や県警ヘリが2機体制になってから出動件数は大幅に減ったが、かっては年間200件ほどの活動件数で全国の防災ヘリの中でも1、2を争っていた。

活動実績 (消防防災航空センターHP)※HPが改編中で削除されてしまった。(3/16追記)

ありし日のアルプス
b0140765_20341042.jpg

高ボッチや鉢伏山は、風景写真愛好家にとって有名な撮影スポット。
その近くのガレ場が、山岳救助を想定した訓練場所となっている。
(10年以上前に、偶然撮影したもの)
b0140765_20393735.jpg

今のところ乗員の氏名は公表されていないが、乗員9人の中におそらく知人がいる。無事を願っているが・・・・



<3/6追記>
早朝から、救助活動が再開されたようだ。6時過ぎから、時折ヘリコプターの飛行音が聞こえる。
「救助」とは言うが、状況はかなり悲観的。残念ながら、知人の死亡も確認された。合掌
事故原因については今後究明されるだろうが、このblog記事のような可能性も十分考えられる。
<3/6再追記>
隊員9人全員の死亡が確認された。謹んでご冥福をお祈りしたい。
ところで、消防防災航空センターの会見で、S隊長が「搭乗した隊員が撮影したビデオがあり、離陸から墜落の瞬間まで映っている。」と明言していたので、早めに原因究明されるかもしれない。(通常、活動中の記録は撮っても、移動飛行中の撮影まではしていないと思っていたので、ちょっと意外なのだが・・・)
[PR]

  by dabohaze48 | 2017-03-05 20:13

<< 春告花 雛祭り >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE